--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.29(Wed)

詰将棋を作った

作成した詰将棋を大阪で公開しました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:うまのこぎり(良いものが思いつかなかったので、平仮名にしただけです)


作成中は玉方で作成した為、盤が逆向きになっています。
お手数ですが、解くときは反転ボタンを押して下さい。※すみませんが符号は逆になりません。

自分としては、中盤の中合い周辺までが核のつもりです。
馬鋸は偶然できそうだったので、取り入れました。

教えて頂いた、余詰め対応方法がヒントになり完成した作品。
最初は37の歩が移動合した桂だったので、うまくいかなかった。
37を歩になるようにすると今度は最初の部分で詰まなくなった。
そこで、余詰め対応方法を応用し、詰まなくなる部分を切り捨てて、詰むようにした所を開始局面とした。
※最初は18玉型で26桂打、28玉、46角打、37桂移動合、36桂打という手順でした。

今日は馬鋸周辺の一般的な知識について教えて頂きました。
・馬の横移動の千日手模様は迂回手順となる。→馬鋸の場合は一般的には迂回は許される。(攻方が同一局面になる迂回手順を避ける)
いつもありがとうございます。1日1つ勉強になっています。

3/1追記
理解不足をご指摘いただいたので追記します。
・馬鋸の無駄合いについて
最終的に合いした駒が余ってしまう場合は無駄合いとなる。
・千日手の迂回手順について
同一局面になる(循環する)迂回手順は攻方が避けるべきである。
いつもありがとうございます。今度こそ理解できたと思います。

3/1追記
変長があることをご指摘頂き、2通りの変長を確認しました。
ご指摘ありがとうございました。
これは、全く気が付きませんでした。
馬を34まで行かせて、78まで引き付ける順に思考が偏ってしまって・・・・
解いて下さった方、すみませんでした。

考えましたが、作意は最初の順とし、変長は変長扱いとしようと思います。
スポンサーサイト
00:35  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.28(Tue)

詰将棋を作ろうとした

収束でたまたま馬のこができて喜んでいて、作意手順を並べたら、
馬を序盤で移動合いした桂馬に取られました・・・・
07:27  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.28(Tue)

練習

詰将棋20問。
07:24  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.27(Mon)

詰将棋を作った

作成した詰将棋を大阪で公開しました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:妥協したの図


本来は合駒を2回使う予定の合駒問題だったのですが、余詰めが消せなくて・・・・
妥協してこうなりました。
突っ込み所が満載ですので、反面教師にはなるでしょう。
01:42  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.27(Mon)

練習

詰将棋20問と対局。

新刊を読みました。
前書きに良いこと書いてます。確かに序盤知識の丸暗記だけで勝てるほど浅くはないですね。
そんなんだったら、暗記パン食べた人が一番強くなってしまいます。
01:39  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.26(Sun)

詰将棋を作った

作成した詰将棋を大阪で公開しました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:桂の囲い


変同あります。不完全作です。

この変同については難しかったので、いつも教えていただいている方にお聞きしました。
いつもありがとうございます。

結論はやはり変同であり、変同駒余りにはならないという結論となりました。
(変同駒余りならば完全作となる。)

しかし、ここは意見の分かれる所ではあります。
変同駒余りだと理解している人も居ると思いますし、それは間違いではないと思います。

明確な規約が無い(私が探した限りでは)ので各自の理解に任せられている部分です。
なので私は厳し目にかつ保険をかけて変同としようと思いました。
09:53  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.25(Sat)

詰将棋を作った

作成した詰将棋を大阪で公開しました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:ミスが多かった為廃番としますのでタイトルは無しです。


大阪で公開中に読み抜けのご指摘を頂き、最初に用意していた作意手順ではない新たな作意手順が発生してしまった問題。
公開中は発生した作意手順を臨時の作意手順として使わせて頂きました。
お客さんは居なくなってしまいましたが、なんとか告知はできたので、それは良かったです。
それができたのも、指摘ありきなので、大変助かりました。ありがとうございました。

今回は申し訳ありませんでした。
次回からは中合いには細心の注意を致します。
01:24  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.24(Fri)

詰将棋を作ろうとした

ついに完成かと思ったのですが、
今度は変長駒余りが・・・・

不完全作ですが、明日仕事中+休み時間に(基本作業を速攻で終わらせるので、少し暇な時間あります)
良い打開法が見つからなければ、このまま変長駒余りありで行きます。

家に帰ってからは最終チェックの時間にしたい為です。
01:07  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.24(Fri)

練習

詰将棋20問。

明日あたり新刊が届きます。
楽しみです。
01:03  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.23(Thu)

詰将棋を作ろうとした

今は最終チェック中です。
ソフトで詰まないと結論を出されたので、検討中という状況。
自分で詰むと結論が出せれば、出題するつもりです。

詰将棋を解くのも好きなので、(むしろ解く方が好きです)
他の方の作品もよく解きます。
少ない駒数で難解な作品に仕上げる所はうまい。
自分のは駒数に物を言わせた物量攻撃なので・・・・

00:32  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.23(Thu)

練習

詰将棋20問と対局。

大阪の詰将棋を解いた。
なぜか成れるところで不成で不詰みと思い込み、考え込んでしまった・・・・
創作をやって視野が広くなってきた気がするが、逆の意味でも広くなったかもしれない。
でも、悪いことではないと思う。
同じ所にいては、同じようにしかならない気がするので。
00:27  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.22(Wed)

練習

詰将棋20問。

大阪の詰将棋を解けませんでした・・・・
現在進行中で考え中です。
07:28  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.22(Wed)

詰将棋を作ろうとした

収束部分の余詰めが消せなくて苦戦中です。
前で切る方法を使用すれば、完成させることはできると思うのですが、
もう少し考えてダメだったら、その方法を採ろうと思います。
07:27  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.21(Tue)

詰将棋を作った

作成した詰将棋を大阪で公開しました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:全体を観る


棋譜コメントは公開前のものです。
変長は良いことではないですが、わざと残しました。
理由は、コメントにもありますが、変長なのか無駄合いなのかの判断ができなかった為です。

いつも教えていただいている方に、判断方法を教わり、変長と判断します。
いつもありがとうございます。今日もまた1つ勉強になりました。

公開中に参考になる読み筋を聞きました。
色々な読み筋を聞けるのは、公開する利点だと思います。
00:51  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.20(Mon)

詰将棋を作った

作成した詰将棋を大阪で公開しました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:桂が主役です。


かなり慎重に確認したのですが、公開中にドキっとした所がありました。
幸いなんでもなかったのですが、抜けがあると大変なので、
公開を遅らせても、もっと慎重に検討する必要があるようです。

作成中は桂に泣かされました。
桂以外だとぴったりなのに、桂合で詰まない・・・・

公開中に色々な考え方を聞けるので、参考になりました。
どこから手を付けた、どの手を中心にした、ここに手が行くなど、
今後の作成の参考にさせて頂きます。
00:39  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.19(Sun)

詰将棋を作った

作成した詰将棋を大阪で公開しました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:変化が作意?


最初は変化が作意だったのですが、手順前後を消すことができず、変化にしました。

いつも教えて頂いている方に、この詰将棋を見てもらったら、あっさりと変化を作意にした詰将棋を作られました。
何か手順はあるはずだと思っていたので、すっきりしました。
11:10  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.18(Sat)

詰将棋を作ろうとした

今、作成中なのですが、もう一歩というところで余詰めが発生してしまって・・・・

いつも教えていただいている方に、どういう方向で修正を進めて行くかの、アドバイスを受けて、
複数の方法を教えていただいたので、それに基づいて修正しています。
本当に色々教えていただいて、とてもありがたく、助けられています。
その方法とは、
①余詰めが発生した以降を、余詰めの開始部分を開始局面として作品とする。
②余詰めが発生する前までで作品を収束させる。

この間のように、不完全なものは公開したくないので、検討をしっかり行っています。
まず自分で全部読んで、どうしても見落としがあるので、全部の紛れの始まる局面をソフトにかけて、
紛れが詰まないことを確認しています。
昨日は↑で詰んでしまって・・・・
作意よりも自然な手だったのですが、盲点に入っていました。
このようなことがあるので、詰将棋作成は指し将棋の勉強にもなると思っています。

作品を作成して、検討して、問題があれば問題点を修正して、また検討して・・・・、
この繰り返しです。
9割完成したものを1割にもどして、また9割まで行って1割に戻して、
やはり指し将棋と同じ気がします。
09:46  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.18(Sat)

練習

詰将棋20問。
定跡の本を読んだ。
09:35  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.17(Fri)

詰将棋を作った

今日は作った詰将棋を大阪で公開しました。

↓が公開した作品です。※公開時は63にと金が配置してありましたが、不必要とのご指摘があり、そのとおりでしたので、取り除きました。
ご指摘ありがとうございました。
タイトル:爆弾処理(紛れが多い為です)


作意はさらっとした手順ですが、難易度は高いと思います。

今日も色々教えて頂きました。ありがとうございます。
01:33  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.17(Fri)

練習

詰将棋20問。
01:29  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.16(Thu)

練習

詰将棋22問と対局。

詰将棋作りが実戦に良い効果をもたらしているようで、終盤での間違えが少なくなってきた。
01:50  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.16(Thu)

詰将棋を作った

作った詰将棋を大阪で公開しました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:と金と馬


今日も色々教えていただき勉強になりました。

あと、簡単に創作という単語を使ってはいけなかったようで、まずったなぁと・・・・
1日で1ヶ月以上のアクセス数になってしまいました。
01:46  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.15(Wed)

詰将棋創作

大阪で詰将棋を公開しました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:合駒を読む


変同駒余りがありますが、初の完全作となりました。
00:37  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.14(Tue)

練習

詰将棋20問。

解いたのは20問だが、今日は一日中詰将棋の盤面が頭にあった。
解いた数に変換すると150問くらいになった気がする。

創作の方はベクトルがおかしな方向を向いているようなので、修正が必要だと分かった。
01:02  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.14(Tue)

詰将棋創作

大阪で詰将棋を公開しました。

色々指摘を頂き、とても勉強になりました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:手数の長さのみ


今日はいつも教えていただいている方に色々教えていただいた。
非常に有効な知識を理解できました。ありがとうございました。

ローカルファイルがロストした時の為と、この情報を必要としている方の為にここに保存しておく。

■詰将棋盤面の作り方

最初に飛車先を突いてゆき、竜を用いてお互いの駒を全部取る。※もちろん玉は取らない。
最後に竜は玉に取られる。

全部駒を取り終わったら、玉方の駒と攻方の駒を配置する。

配置が終わったら、攻方の不必要な持駒を玉方の玉に取らせる。

最後に攻方の玉を玉方の玉にとらせて完成。


■豆知識

観戦者に「収束4手余詰めあり」などのゲストを入れて、不完全作の告知の手間を省く。
ただし、早めに観戦者に入れないと、見えなくなってしまうので意味が無くなる。

手数+2=駒数上限
が指標。
駒数が多すぎるのはよろしくない。
多少難易度が下がっても取り組むべき。

初手の紛れを多くすれば、それだけ難しくなるので、初手を幅広くするのは有効。
ただし、難しい=良い ではない。

詰将棋のルールは、詰めパラルールが業界標準になっている。
最も重要な事は、解き手と出題者の考え方が一致していることである。

手順前後が出た場合は、その素材は諦め時を考える。

変化
玉方の手が複数あるとき。

余詰め
攻方の手が複数あるとき。

00:50  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.13(Mon)

詰将棋創作

最初は19手詰だったのだが、変化同手数が4通り発生してしまい、
色々配置を換えていくうちに、27手詰の全然別物になっていた。

詰将棋はルールが結構あいまい(?)で、明確なルールが良く分からない。

用語も沢山あって、こっちは聞いたもの(使用頻度の高いもの)から覚えるのみ。

19手詰の方です↓ 収束3手に変化同手数が4通りあります。自分としては全部作意でよいのですが不完全作です。
問題No02
01:34  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.13(Mon)

練習

詰将棋20問と対局。

中盤で少し筋の悪い手を指してしまったが、終盤は緩み無く指せたと思う。
01:31  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.12(Sun)

練習

詰将棋20問と対局。

研究型になったのですが、すぐに変化されてしまって自力の局面になりました。
やはり研究だけで勝てるほど甘くないです。
でも事前準備によって自信のある指し手ではあったので、良いと思います。
02:07  |  練習  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.12(Sun)

詰将棋創作

詰将棋を創作し、大阪で公開しました。

作品の元はベテランの方の作品で、その方の助けを借りながらの出題となりました。
最初は人が来なくて、こりゃあ店閉まいかと思っていたら、結構沢山きてくださりました。
自分の作品を解いてもらうのはうれしいことでした。
02:04  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.11(Sat)

外部駒

とりあえず満足しました。
これ以上は暇ができたらやろう・・・・

kifuforwin外部駒

駒は81dojoの駒を使わせて頂きました。
03:24  |  PC  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。