--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.31(Tue)

詰将棋を作った

問題No125
20120731_1詰将棋

難易度は低の中になると思います。
スポンサーサイト
08:08  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.29(Sun)

前回の詰将棋の解答



解いて頂いた方ありがとうございます。

最善(攻方が最速で攻めた場合に最長手数となる順)の逃げ方を読む問題だと思います。
22金~13竜の手順は盲点に入りやすいので気に入っています。(私の場合ですが・・・・)

2012/07/30追記
9手目に余詰がありました。9手目の22金の所で21竜でも詰みます。すみません検討不足でした。
ご指摘ありがとうございました。

2012/09/11追記
7手目に余詰がありました。7手目の11飛成の所で11飛不成でも詰みます。この問題に関しては2つも余詰を出してしまって申し訳ありません。
ご指摘ありがとうございました。
21:39  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.28(Sat)

詰将棋を作った

問題No123
20120728_3詰将棋
非限定あり

難易度は低の高になると思います。
09:53  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.27(Fri)

前回の詰将棋の解答



解いて頂いた方ありがとうございます。

23の合駒を考える問題だと思います。よくある形ですが、31成との組み合わせはあまり見ない気がします。
06:25  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.25(Wed)

詰将棋を作った

問題No122
20120725_3詰将棋

難易度は低の高になると思います。
19:20  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.23(Mon)

前回の詰将棋の解答



解いて頂いた方ありがとうございます。

考える必要があるのは、22の合駒と33銀不成の2つだと思います。本当はと金を8段目まで引く手順が好きなのですが、駒が足りませんでした。(技術不足かもしれません)
21:52  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.22(Sun)

詰将棋を作った

問題No120
20120722_4詰将棋
非限定あり

難易度は低の高になると思います。
09:20  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.21(Sat)

前回の詰将棋の解答



解いて頂いた方ありがとうございます。

この問題の様な香の使い方はあまり好きではないですが、たまにこういう手が入るのも良いかなと思いました。
面倒な所は51玉の逃げが最善という所くらいだと思います。
11:14  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.19(Thu)

詰将棋を作った

問題No116
20120719_2詰将棋

難易度は低の高になると思います。

22:19  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.17(Tue)

大会結果

アマ名人戦北海道予選

1回戦 相矢倉 ●

結果は1回戦負けでした。内容は序盤が悪く、攻めなければ悪くなる状況を作られてしまいました。背水の陣で猛攻を開始しましたが、やはり刃は届かず、攻めが一息吐いてしまいました。矢倉戦で腰の入らない攻めをした場合、こうなるのは分かっていましたが、攻める以外の手順を発見できませんでした。実戦は一息吐いた所から更に無理攻めを行い、最後は攻めが切れてしまいました。
検討を行った結果、無理攻めを行った所で、悪いながらも勝負手がありました。それを発見できなかったのが今回の全てだったと思います。序盤知識の不足もありましたが、中盤以降でのミスは残念です。次の大会ではこの様な手を逃さないようにしたいです。
22:03  |  大会  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.15(Sun)

前回の詰将棋の解答



解いて頂いた方ありがとうございます。

2手目の合いは角・銀の非限定です。どちらを合いしても作意順で詰ますよりないので、私は完全作と解釈しています。ただ、合いの非限定はなるべくなら回避したいと思っています。
遠打は積極的に取り入れています。成・不成はほとんど気にしていません。合いだけは気にしています。理由は変同と解釈することもできる為です。
17:01  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.14(Sat)

詰将棋を作った

問題No108
20120714詰将棋

難易度は低の低になると思います。
解釈の仕方によっては完全作ではなく不完全作になるかもしれません。
13:39  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.12(Thu)

昨日の詰将棋の解答



解いて頂いた方ありがとうございます。

最近よく使わせて頂いている、握り詰めアプリで作った問題です。飛車を取る所まではトントン進んで、慣れている方ならば、そこで飛車打ちから詰みまで一気に行くと思います。
初手角を離して打つ紛れと、飛車打ちの所の43角成の紛れと、23竜の所の23角成の紛れの3点が面倒な紛れなのですが、普通に進めば詰むものを、わざわざ面倒な順で詰ますことはないでしょうね・・・・
20:36  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.11(Wed)

詰将棋を作った

問題No104
20120711詰将棋

難易度は中の中になると思います。
紛れ筋が詰まないことを読み切るのが難しいので、難易度は中としました。
解く上で読み切る必要はないので、埋もれる手順です・・・・
15:52  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.10(Tue)

昨日の詰将棋の解答



解いて頂いた方ありがとうございます。この問題は簡単だったと思います。

話しが飛びますが、今日は実戦が散々でした。桂馬の利きは見落とすし、完全な読み抜けがあったり、かなりダメだったのですが、終盤はそれなりにまともでした。しかし、この詰将棋レベルの状況を間違えました。部分的には簡単そうな問題でも実戦では様々な要素が絡んでくるので、簡単ではありません。ただ、どんなに難しくても簡単な要素の組み合わせになっているはずなので、頭の中で組み合わせを短時間で整理できるのが重要かなと思いました。
なんだか文章が崩れかけていますが、そんな一日でした。
練習においては勝ち負けに拘り過ぎないようにしているけど、明日はもう少し勝ちたい・・・・
01:08  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.09(Mon)

詰将棋を作った

問題No100
20120709詰将棋

難易度は低の低になると思います。
09:20  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.07(Sat)

昨日の詰将棋の解答


08:02  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.06(Fri)

詰将棋を作った

大阪で公開するのは、そろそろ止めます。不定期に公開するかもしれませんが週1の定期公開は中止します。

詰将棋20120706

解答の棋譜ファイルは明日にUPします。うっかり答えが見えることはなくなりました。
15:59  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.03(Tue)

詰将棋を作った

作成した詰将棋を大阪で公開しました。

↓が公開した詰将棋です。タイトル:狭いので読みやすいです


難易度は低の低になると思います。

あまり良い出来ではないです。
手数が短い上に、直感で作意順を指されそうな為です。
紛れはあるのですが、紛れに入る前に解かれそうですね。
19:29  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.02(Mon)

詰将棋を作った

※この問題は大阪で公開をしていません。

タイトル:合いと逃げ方


難易度は低の中になると思います。

合いと、最善の逃げ方を読む問題です。
合いに関してはグループ分けによる読みが可能なので、絞りが容易です。
合い問題も複数回の合いでない限りは、7通り全て読めば楽に解く事ができます。
複数回の合いの場合は、7×7で49通りの読みが発生する可能性があります。
そういう問題が理想ですが、作成するのは難しいです。
22:12  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。