--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.15(Sun)

前回の詰将棋の解答



解いて頂いた方ありがとうございます。

2手目の合いは角・銀の非限定です。どちらを合いしても作意順で詰ますよりないので、私は完全作と解釈しています。ただ、合いの非限定はなるべくなら回避したいと思っています。
遠打は積極的に取り入れています。成・不成はほとんど気にしていません。合いだけは気にしています。理由は変同と解釈することもできる為です。
17:01  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://localknight.blog94.fc2.com/tb.php/505-c6bab656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。