--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.10.04(Thu)

前回の詰将棋の解答


問題No135

解いて頂いた方ありがとうございます。

初手は攻駒を増加する手。75に逃がすと捕まらないので、これしかない所です。逃がすとまずい所に逃がさない手を考えるのも解き方の1つだと思います。
3手目も攻駒を増加する手。75以外ならどこから打ってもOKです。
4手目は飛車の横利きを遮る狙いの中合です。ここは色々なやり方があると思いますが、とりあえず何か合いと考えておくやり方があります。その後玉を追っていく途中で簡単に詰むものは除外していきます。他にもどうせ取られるなら安い駒という考えから歩合いと考える方法もありますが、歩が一番安くなるかどうかは局面によって変わりますので、前者のやり方をお勧めします。(でも自分が考えやすいやり方が1番良いと思います。)
13手目で歩と香が合の候補に残っているはずですが、香だと作意手順よりも少し早く詰みます。ここで合いは歩と分かりました。
ちなみに、合駒で金と銀は9手目に43から打ち41玉に71竜まで。飛は9手目に51から打って42玉に33竜まで。角は11手目に23から打って32合は43竜以下詰で、31玉は33竜以下詰です。
22:22  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://localknight.blog94.fc2.com/tb.php/540-799c7ee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。