--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.10.30(Tue)

前回の詰将棋の解答


問題No117

解いて頂いた方ありがとうございます。

初手は43香で守備駒の31への利きを無力化します。
2手目が桂以外だと初手の効果によって31金や31銀成として詰みます。よって2手目は逆王手になる桂合となります。
3手目は王手が途切れるといけないので、同香成とします。
4手目に同玉だと正解よりも少し短い手数で詰みます。ですので同馬とします。
ここまでで持駒の香を桂に換えました。その代償として馬が守備に働く位置に移動しました。次は33桂を実現する為に馬の守備を33から外します。
5手目は31金です。33への駒の利きを残しておきたいので銀成ではなく金で行きます。
7手目に今までの工夫によって33桂が打てました。以下は自然な詰みとなります。
19:24  |  詰将棋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://localknight.blog94.fc2.com/tb.php/553-39abef39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。